【リモートワーク】通期時間を気にしない生き方をするためには?

2020-03-11

2020年3月現在、新型コロナウイルスが日本中で蔓延し、それに伴い「小中学校の臨時休校」や「様々なイベントの中止」などが実施されています。感染拡大を防ぐために、企業でも「時差通勤」や「リモートワーク」の実施に積極的に動いているところもあります。この記事では、リモートワークにて働いている筆者が「リモートワークを実現するための方法」をご紹介します。特に「自宅にパソコンを持っていない方向け」「アフィリエイトを知らない人向け」にお話をしていきます。

スポンサーリンク

リモートワークをするために必須なこと

まず、単純な話になりますが、リモートワークが出来る職場環境にいなければなりません。

「接客業」「工業」「農業」などの『実物を扱わなければ成立しない業種』に勤めている場合には、もちろんリモートワークを行うことはできません。その仕事(業種)に誇りを持ち、その会社が大好きで、その会社と添い遂げる覚悟があるのであれば、リモートワークが可能な業種への転職を進める気は全くありません。

そっと、この記事を閉じていただければと思います。

しかし、その覚悟はなく、会社に対してモヤモヤがあるのであれば、今が自分自身の生まれ変わるチャンスとなります。

それはなぜか?あなたがまだこの記事を閉じずに読んでいるからです。

今すぐに転職をしてくださいとは言いません。自分自身を限りある時間の中で「進化」させるのです。何事も決断するのは「自分自身」です。

リモートワークを可能にするために必要なモノ

それは、間違いなく「パソコン」「ネット回線」です。

スマホで事足りることはたくさんありますが、今回は「リモートワークをすること」がポイントなので「仕事をするためにはパソコンが必要」となります。リモートワークをするということは「会社に出勤しなくても仕事が出来る環境にいる」ことが必要となります。そのための「パソコン」「ネット回線」です。これさえあれば、いつでも、どこでも、自分の好きなところで仕事をすることが可能です。

会社のデスク周りにうっとうしい人いませんか??
無駄などうでもいい話をしてくる人いませんか??

そういうストレス環境から逃れられるのも、リモートワークの利点です♪

リモートワークを可能にする仕事

私は、現在、Microsoft Accessなどを利用した「事務処理お助けツールの作成」などで生計を立てています。そのお助けツールの運用・保守などをしながら、隙間時間にブログの執筆などを行っています。この二つの仕事に共通することは

現物を扱っていない

ということです。野菜・肉・鉄・車などの「物質を扱ってない仕事」です。先ほども書きましたが、現物を扱う仕事にリモートワークを行うことはできません。

リモートワークを可能にするためのスキル(仕事)は、

データを扱う仕事

となるわけです。

リモートワークという言葉からずれますが、

・ブロガー
・アフィリエイター
・Youtuber

なども「データを扱う仕事(会社に依存しないで出来る仕事)」です。なので、パソコン一つで独立!!ということが可能になるわけです。

私が、ここでお勧めしたいのは「プログラマー」です。

「プログラマー」は、2020年度から小学校でのプログラミング教育が義務化されるなど、国をあげて技術者育成に力を入れ始め、今や引っ張りだこの職種です。しっかりとプログラミングを学習して、スキルをある程度身に着けたら、IT企業へ転職することが出来、リモートワークも可能になるでしょう。

パソコン購入資金を確保するためには…

しかし、冒頭にお伝えしたように「スマホしか持っていない!」「パソコンなんか買う余裕がない!」という方も多いでしょう。そのようなアナタのために、パソコン購入資金を確保するための情報をお伝えします。それは、

アフィリエイトのセルフバック

です。

「は?アフィリエイトってなに?」という方もいると思いますが、以下の記事に詳細が書いてありますので、こちらを読んでみてください(別タブで開きます)。

セルフバックのシステムを行って、パソコン購入資金に充ててください。
ちなみに私は50,000円程度のノートパソコンで、こちらの記事を書いていますw(Macbookほしい…)
パソコンのスキルは、これからの社会で生きていくための「絶対必要なスキル」です。

誰かが自分を助けてくれるなんてことはありません。自分自身の足がある限り、自分自身で歩いていくのです。

リモートワークに対応できる自分としての道か、リモートワークに対応できない自分としての道か…

選ぶのはアナタです。